思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEM_YourSplendidLifeについて

最近PEM_YourSplendidLifeについてどこかのサイトで質問みたいな書き込みがあったのを目にしました。
猫さんが立ち寄らない場所なのでよく知りませんが・・・。
PEM_YourSplendidLifeの配布パッケージに含まれている説明書きにも書いていますがこのModはパッケージを押し付けるModとの併用は推奨していません。(検証していないので動作は分かりません。実装方法も違うはずなので・・・)
基本的にAIを搭載していない、AIパッケージの押し付けをされていないNPCへの適用が前提のModです。
HIYOKO等は親をフォローするというパッケージが押し付けられているので当然対象外になります。
猫さんが作ったLoversChildDataBaseで提供しているツールの中にHIYOKOから大人に成長させるという魔法がありますが、あれは大人のNPCに置き換えます(当然HIYOKOとして認識されていた物とは別物になる)。
これはHIYOKOの管理対象外になるのでパッケージが提供されなくなり何も行動しなくなります。
このような場合を想定してPEM_YourSplendidLifeは作られています。
また、独自にModを作成してNPCを配したがAIは組み込んでいない場合なども想定しています。

呆れたわ

いや、正味の話呆れ果てました。
よく知りもしないソフトウェアの公式マニュアルを一通り読みもしないで、どこに書いてあるか分からないと言う人がいるんですか?
そりゃ、中身も見ていなければどこに何が書かれているかも分からないのは当たり前!。
そんな状態で自分流の言葉で訳の分からない質問書いておいて、説明して欲しい?
それって陸(ろく)に調べもしないで質問していると言ってるのと同じですよね?
こんな自己中丸出しの人いるんだね・・・。
(自分は面倒臭いからやらないけど、回答してくれる人には手を焼かせる人って、こういう考えなんだろうな・・・)
関わらんとこ。 それが安全、精神衛生上それが肝要。
猫さん、BlenderもPythonも一度は全て目を通しましたけど・・・。
それでも今でも肝心のことを調べる時には探しまくりですが・・・。
猫さん記憶力にはもう自信がないので、何かを書く時には調べ直してから書くようにしてます。
いつもお世話になってるサイトではこんな事書けないので、自分のブログで書きました。
続きを読む

Blender Tips(Properties Panel)

BlenderのBug Trackerを覗いていて、これ勘違いし易いのでは? と思ったことを短めに・・。
3DView画面でNキーを押下すると表示されるProperties PanelでEdit-mode中にElementsの長さ/角度を表示するMesh Displayというセクションがあります。
この中でEdge Lengthは辺の長さを表示・・・これはそのままだよね。
ではEdge Angleとは・・・何を表示している?
辺と辺の成す角度? と、思った人は勘違いである。
それはFace Angleで表示される。
面内の辺と辺の成す角度がFace Angle。
Edge AngleはそのEdgeを共有する面と面の成す角度を示しています。
screen_20150707140313b4c.png
勘違いしそうなので・・・一応Tipsということで・・・・。

ちなみにPlaneでEdge Angleが表示されないのは・・・考えれば分かると思いますが。
そのEdgeを共有する面が複数ないので計算できないからですね。

みんな同じ方向いてね(Tips)

Blenderの話ですが・・・。
カメラの対面に半球の内側を向けて奥行きを誤魔化したりする時とか
カメラと同じノーマルだと楽に合わせたりするよね・・・。
他にも複数の物を同じ方向に向かせたいとか。
そういう時は向き(位置でも同じ)を合わせたい物を複数でも構わないので
SHIFT選択で選んでいって最後にお手本になるobjectを選択する。
そしてそのお手本のobjectのobjectタブのrotationの所で右クリックすると
Copy to Selectedという項目があるので選択すると皆、右向け右するよ・・・。
コピーできる項目であれば出来るはずです。

directX_anim_tools新しくなりました・・

PythonのShlexライブラリを使用して作り直しました・・。
作っている内に前のバージョンの構造とは全く別物に・・・。
やってる内にいろいろと間違ってるところとかあったので修正して
なんとなく機能アップとかも・・・。
まぁ、個人使用では問題ないのでこれ以上はもういいかなということで。
directX_anim_tools Ver.1.10Ver.1.2.0になりました。
以前のバージョンのいいかげんなレポートではなく
ちゃんと構造出力されるレポートになってます。
続きを読む
<< 前のページ     次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。