思いつくままを綴る雑記帳

Blender製作日記 複数Blenderのローカル化

今回は複数インストールしたBlenderのローカル管理について

Blenderのソースをいじっていると、いくつかのバージョンのBlender
ができちゃいます。
動作確認用、ビルド用、バグ確認用などです。
猫さんはビルドしたBlenderで動作がおかしいところがあると
2.49b、2.53b Release、2.54b Release版で確認してます。
そうしていると追加機能とかの関係で同じコンフィグレーションだと
困る事もあります。
そこで2.54bのソースを調べてみるとインストールフォルダの管理に
ついて多少分かった事があるので書いておきます。
但し2.49bと2.53bについてはソースをDLしてないのでわかりません。
2.54bの管理情報のフォルダとして次のものがあります。
(あくまでコンフィグレーション周り(*゚∀゚)ゞデシ)
・autosave
・config
・scripts
・datafiles
・python

これらが個別に機能していれば別のバイナリでも管理内容が混在する事は
なくなります。
ではBlenderはどうやってこれらのフォルダを検索しているかですが
最初にインストールフォルダ直下を検索しています。
ですからインストールフォルダ直下のバージョンフォルダ
(2.54bなので2.54というフォルダ)直下に上記のフォルダがあればいいの
です。
但し、autosaveフォルダはBlenderのUser PreferencesでTempフォルダを
指定していると、そちらを優先します。
また、これらのコンフィグレーションフォルダには必要なファイルが
保存されているので、単にフォルダを作成すればいいというものでも
ありません。
個別にコンフィグレーションを管理するのであれば現在使用されている
フォルダ毎コピーして異なる部分を各々で設定することになります。
インストールフォルダに上記のフォルダがない場合windowsなら

c:\Documents and Settings\(ログインユーザ名)\Application Data
\Blender Foundation\Blender\2.54直下に見つかると思います。

でも、この辺りはいつ変更されるかわからないので・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/32-bc1e1a03
<< BlenderビルドSVN32620 | TOP | Blender製作日記 Disappearance Modifier >>