思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blender Baking

以前(数年前・・)に某gameの装備modを作ったことがありますが
この前古いデータを覗いていたらその時のデータがありました。
Textureデータを見ていたら、あるわ・・あるわ・・不完全なnormalデータがわんさかと。
実はあの頃BlenderのBakingの事あまりよくわかってなくて・・・。
公式サイトのマニュアルを見ながら適当に作ってくっつけてたんですよね・・。
一目見てこれ違うだろ・・と思いつつもないよりはいいかという感じでmodにくっつけていたよね。

というわけで、BlenderのBakingについて少し・・。
基本的な説明は公式サイトのここ

通常は自分のマテリアルデータとして焼くと思いますが
幾つかのデータはそれでは使えるものになりません。
Normalもその内のひとつだと思います。
今回は猫さんなのでこれを使います。
Fig1.png
text objectで猫(cat)を作成しました。
text objectでExtrudeとDepthをいじって厚みを出してます。
これをMeshに変換した時に余分な処理を減らしたいので・・・。
このパラメータをいじりすぎると画の交差する所でNormalが食い込んだりするので注意が必要です。
Fig2.png
これとPlaneを用意します。
これらをBoolean Modifierで融合させるんですね・・。
Fig3.png
左上を見れば分かりますがいらない部分があるので、それは別途削除する。
Fig4.png
で、こんな感じに・・。
次に本題のNormalをBakeする素材を作ります。
Fig5.png
何も処理していないDefaultのPlaneです。
このPlaneにBake結果を書き込むためのTextureファイルを作ります。
右上にあるやつね。
単に新規作成しただけです。
それにDefault PlaneのUVを設定します。
用意はこれだけ。
別にマテリアルを作成したりする必要はない。
Normalファイルを作るだけなので・・。
次に、最初に作った猫文字付きのPlaneを選択して、続いてSHIFT選択で
このDefault Planeを選択して
Fig6.png
こんな設定でBakeすると・・。
では確認のためにDefault Planeにマテリアルを設定して
Fig7.png
作成したNormalを確認します。
Fig8.png
こんな感じです。
Default Planeに猫文字のNormalが出ています。

最後に、これをLoop cutしてHookを付けてアニメさせるとこんな風に・・。



たまに見る来る人がいるので追記・・・。
hookって何ですか? みたいな人のために・・・。
下図の選択されたVertexに対してhookが設定されています。
CatNormalHook.png
hookはvertexやcurve objectのcontrol pointにも設定できます。
hook modifierの親objectに設定されたobjectを操作するとmodifierに割り当てられたvertexなりcontrol pointが影響されます。
この場合だとemptyを動かすとこの選択されたvertexも同じように移動するということです。
その結果UVが影響を受けてnormalが変化する。
選択されたobjectをhookの親オブジェクトとしてhookを設定する場合は最初に親objectにするobjectを選択してSHIFT選択でhook modifierを設定するobjectを選択してからEditモードに入る必要があります。
この場合だとempty objectが最初からあるとしてemptyを選択して続けてplaneをSHIFT選択してEditモードに入ることになります。
又hook modifierの親objectのorigin位置はhookの操作基準になるので予め考慮して配置した方がいい場合もあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/300-1a9d347d
<< Blender Face's Area | TOP | calc_face_angle/calc_vert_angle(改めcalc_edge_angle) >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。