思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SxxUGSでモデリングデータを読み込む

SxxUGSやSxxUtilityという名前のツールはないけど・・・あー、あれか!と思う人にはわかるツールです。
SxxUtilityの時はモデリングデータの取り込み方法を解説しているサイトがあったけど・・・。
SxxUGSではどうするんだろ? でも、取り合えず今はしないからいいやと忘れていたけど。
ExportしたFBXなどのモデリングデータファイルをFileメニューの開く(Ctrl+O)で開いてやると自動的にWorkSpaceに展開されるんだね・・・。
Plugin ListにImport関数があったから出来るとは思っていたが・・・入り口はそこでしたか・・。
ついでに外部ツールの利用方法も追記・・・。
SxxUGSの本家配布先の作者の広告の所に作者の作成したツールが羅列されてるんだけど、これを取得してSxxUGSに登録すると今までいじれなかったOtherタグの一部がいじれるようになる・・・。
やり方は簡単・・。
一度.ppファイルを開いてSubfilesメニューの下の方にRegister Toolがあるので、それを選択するとダイアログが開くのでExtension、Path、Decode/Encode Argumentsを入力してRegisterをクリックするだけ。
Decode/Encode Argumentsは各ツールの配布先に書式は書いてあるけど基本的にはこんな感じ。
/encode {0}
/decode {0}
{0}は入力ファイル名を意味しているとのこと。

登録したツールはxmlファイルに記録されるので一度登録すれば次回からも使える。
SviExTool/BPStool/NeckTool/TtyTool/EyesTool/XLtool 等がある。
一度中身を見てみたけど・・・えっこんな所にBoneウェイトあったのか・・・みたいな。
まぁ、見ても意味不明な奴の方が多いんだけどね・・・。

あっ、ついでのついでに・・。
ToolsメニューのSviEx Normal Approximationを使用すると選択した.Sviデータを選択オブジェに適用できる機能のように見える・・・。
説明が英語だし分かりにくい解説なので・・・自信ないけど・・・。
Bone/Normal/UV関係のコピーが出来るみたい・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/283-a03ed45d
<< directX_anim_toolsで新しいデータを読んでみた | TOP | directX_anim_tools更新 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。