思いつくままを綴る雑記帳

クローンNPCからの顔の移植について

以前にどこかで、こんな質問内容を見た記憶がある。

「クローンの顔を移植する方法ってないのかな?」

記憶の片隅に引っかかっていたので、ちょっと試してみた。

クローンは元々ベースになるNPCがいるはずなので何故クローンから顔データの移植をしたいのかは不明だが・・・
(元のNPCはModに定義されているはずだからそれから移植すれば簡単だという理由・・・)
クローンの顔データを調整しているModがあるのだろうか?

こうしたら移植できるということでやり方を残しておく。
但し、これが正しいのかどうかは保障できない。
このやり方は.essファイルを直接変更しているので事前にバックアップを取る事を勧める。
また、読んでも分からなければやらない方が賢明だと思うよ。

ここを見れば参考になります。
Tes4Mod Save File Format

.essファイルをバイナリエディタで開く
「FULL」で検索するとNPCの名前が出てくるので該当するNPCを見つける。
見つけたブロックから「FGGS」を検索する。
FGGSの次の2バイトがブロックのサイズになっている。
上位下位バイトが入れ替わっているので、C8 00となっているはず。
00C8 = 200バイト
C8 00の次から200バイトコピーする。
FGGSの次のブロックはFGGAなのでFGGSの次の2バイトを除いた先からFGGAの直前までをコピーすればいい。
FGGAも同様の構造だがFGGAは顔が左右対称に作られていない場合のデータなので通常は00ブロック。
ちなみにFGGAは120バイトである。
これが00で埋まってなければ非対称に作成されているので同様にコピーする必要がある。
FGGAの次はFGTSのブロック。
これも同様の構造。
これはテクスチャの扱いに関するものなのでコピーする。
これも200バイト存在する。
FGTSの次のブロックはFNAM。
FNAMのサイズを見ると 02 00となっているはずである。
02 00の次の2バイトもコピーする。

これで最小402バイト、最大522バイトコピーしたはずである。

同じ種族、性別で新規セーブデータを作成する。
新しいModファイルを作成する。
該当する種族を含むファイルがマスター指定されていること。
新規作成したキャラの顔データを作成したModにインポートする。(WryeBash)
TES4EditでインポートしたNPCのデータを開いて上記の要領でデータをコピーする。
バイナリエディタで作成したセーブデータの.essファイルを開く。
先程コピーしたFGGSに当たるデータを検索する。
見つけたらFGGS、FGTS必要ならFGGAも検索してコピーしたいクローンの取得したデータで上書きする。
使用するバイナリエディタによっては両方の.essファイルを開いておく必要があるかもしれない。

保存したらWryeBashで変更したセーブデータから顔データを先程のModにインポートする。
CSで顔データをインポートしたModを開く。
インポートしたデータは直接そのまま使用することは避けた方がよい。
理由はデータを上書きする時にFNAMが書き換えられていないからである。
FNAM自体どのように作用するかは不明だがジオメトリに関連するデータのようなので一致させる方が賢明だ。
そのために新規に同種族、同性別のNPCを作成しそれにインポートしたNPCのジオメトリ及びテクスチャをコピー&ペーストする。
完了したら不要になったインポートしたNPCデータは削除した方が無難。
保存して終了する。
データを書き換えたセーブデータで起動してみたが正常に起動できた。
但し起動しただけで長時間プレーしたわけではない。
このデータを使用するのであれば起動したら一度Race選択画面に入って確定してから再度保存した方が無難かもしれない。
再度忠告しますが、これを使って何か問題が発生しても責任は持てないのでそれを理解した上で試すべきです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/270-ac08252b
<< やっぱりなぁ・・・ | TOP | PEM_ChangeMod version 1.80 公開 >>