思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blender インストーラー ビルド

猫さんは定期的にBlenderをビルドして使っています。
猫さんのビルド環境はこんな感じです。

Windows XP
Microsoft Visual Studio C++
SCONS

以前自分用にBlenderをカスタムしていた頃はSCONSではなくCMakeを使ってました。
でも・・・プロジェクトファイルのメンテナンスとか面倒になって・・・
今ではSCONSでビルドしてます。

で、普段はビルドすると必要なファイルは既に分かっているので適当エクスプローラでファイルをコピーして更新しているのでタイトルに書いたようにインストーラーは作っていません。

でも他の物でNSISを使ったインストーラーを使うことがたまにあるので今回はBlenderでインストーラーを作成してみたので備忘録として書いています。

BlenderはSCONSでビルドしているとNSISのインストーラー作成ツールが使えます。
NSISはフリーウェアなので誰でもDLして使えます。

ちなみにNSISはここでDLできます。
NSIS Download
Blenderのビルド方法は公式サイトに載っているので興味のある人はここをどうぞ。
Building Blender
SCONSはここから入手できます。
SCONS

で、猫さんはPythonを複数バージョン使用しているのでSCONSでビルドする際にはバッチファイルでPATHを切替えてます。
猫さんがNSISをインストールした時にはNSISのPATHが登録されていなかったのでバッチファイルに追記しています
こんな感じですね。
set PATH=c:\python26;c:\python26\scripts;%PATH%;C:\Program Files\NSIS

で、どうやってBlenderのインストーラーを作成するのかというと簡単です。
DOS窓でSCONSビルドをする際にパラメーターを変更するだけです。

scons nsis

このようにコマンドを入力するとビルド完了時に自動的にインストーラーが作成されます。
ちなみにnsisと書いてある部分はビルドターゲットを指しています。

SCONSのターゲットとしては以下の物があります。

btools.py から抜粋
valid_list = ['.', 'blender', 'blenderstatic', 'blenderplayer', 'webplugin',
'blendernogame', 'blenderstaticnogame', 'blenderlite', 'release',
'everything', 'clean', 'install-bin', 'install', 'nsis','buildslave',
'cudakernels']

猫さんはclean以外は使いませんね・・・。
cleanはリビルドする時に使います。

今から新しく自分でビルドをしようと思っている人はMicrosoft Platform SDKを入手するのが難しいかもしれません。
がんばって探してね・・・。
"Microsoft Platform SDK"でググればいくつか出てくると思います。
マイクロソフトから無償提供されているので変なサイトから入手しないように気をつけてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/259-cc0aca7e
<< 検索キーワードから Blender | TOP | LazyPCB その2 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。