思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間に・・・・・

猫さんは英語は話せません。
(日本語も片言です・・・・d( ̄  ̄) ヾ(^o^;オイオイ・・・)
れっきとした日本人ですが・・・・なにか・・・

しかし、いろいろな資料を探すためにネットで調べたりします。
その中には勿論英語圏のサイトも含まれています。
・・・・本当は読めないから不安があります・・・・

まぁ、その点は慣れているので・・・ここは押すとやばそうだから・・・
とか、知恵はついています・・・・
それでも、気付くとブラウザーの裏に知らないページが開いていたりします。

こうしたサイトも仕掛けが巧妙ですから・・・・
見えないようにスタックされた状態でいくつもページがロードされていたりします。
また、ページに移動するのにも別のページを経由して開いたりしています。

猫さんはマイクロソフトのIEは使っていません。
デザインが嫌いなのと、Windowsアップデートなどで他のブラウザーを
受け入れない姿勢が嫌いなので、別のブラウザーを使っています。
Chromというグーグルのブラウザーですが、猫さんはグーグルも好きではありません。
でも速いのとデザインが知ってる中では好みなので使っています。

で、Choromで変なページが呼び出されるのをブロックする方法について
今回は少しだけ書きます。

Choromの右上に工具のようなアイコンがあるのでクリックします。
this1.jpg

すると、設定画面になります。
this2.jpg

画面の赤いところをクリックして詳細設定を開きます。
this3.jpg

また、画面の赤いところをクリックしてコンテンツの設定を開きます。
this4.jpg

画面の赤いところをクリックして例外の管理画面を開きます。
this5.jpg

画面の赤いところにブロックしたいページを入力して、右のプルダウンメニューから
ブロックを選択してOKを押せば、指定されたページがブロックされます。

この時に、次のように指定すると楽です。

[*.]xxxxxxxx.xxxxxxx.xxxxx
上のxの羅列のところにURLの一部を指定します。
先頭の[*.]は不特定の文字列と一致するので、類似のページもブロックできます。

ブロックするページのURLは、履歴ページで該当する履歴を右クリックして
URLのコピーを行えば取得できます。
この時に、見ていたページとブロックしたいページの間に見たことの無い履歴があれば
そこを経由して表示されているので、ブロックするのは禁止したいページではなく
最初に飛んでいる見たことの無いページのURLをブロックすることです。

そうしないと、設定してもブロックされなくて・・・( ̄◇ ̄;)エッ ということになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/224-29550669
<< Oblivion・・引退・・ | TOP | Microsoft Security Essentials 保護されていない・・・ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。