思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中に物語あり Part4

少しずつだけど・・・なんだかシリーズ化してるような・・・

というわけで、今回も夢に見た物語を書き留めた書き物の中に登場する
キャラクタをBlenderで作ってみました。

WolfForm.png

クリックすると拡大します

これは、「命狩る者、狩られる者」の2つ目の話の「母の願いはゆりかごの中で」の
中に出てきた、殺された父親が転生した獣です。

Blenderでは、人の形から獣に変化するのも作ってあります。
(まだ、素材ベースですが・・・根気が続けばちゃんとしたものになるはず・・)

人型の方のボディーはミレーヌやシモンヌとは別の作り方をしているので
少しボーンの仕込によってねじれ方がひどかったりしてます。

男キャラだから・・・手を抜いているというわけでは・・・

これも、この形に落ち着くまでには何度作り直したか・・・
Shape Keysでのモーフィングを仕込んでいたので
何度もテストをしたりしていました・・

最近のBlenderはまた、ウェイトペイントの左右の対称性が失われているので
微妙なモデリングだとポージングした時に非対称な結果になる時があるので
Shape Keysのモーフィングを仕込むと、作業の巻き戻りが発生して大変です。

ウェイトが左右対称にならない時はBlender2.49bでウェイトを取り直すとか
ボーンを半分削除して、ミラーコピーすると対称にはなります。
但し、ボーン設定を組み込んだ後だと設定し直さないといけないので
これまた大変・・・・。

Mesh自体は左右対称にミラーコピーしてあるので、対称なはずなんだけどね・・
いや、この段階で微妙に違うんですよ・・・なんて、言われると前提条件が
なくなるので・・・・議論の余地なしですが・・・

ヒートボーンでのウェイト設定が左右対称ではないことは、公式サイトの
バグトラッカーには報告してありますが・・・昔から幾度となく繰り返されて
きたことなので・・・どうなることやら・・・
ちなみに猫さん改造版の2.60ではもっとひどいですけど・・・

これ以上書くと愚痴になるので・・・この辺りで・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/205-4e612d09
<< 夢の中に物語あり Part5 | TOP | キャラクタ作成のメモ?? >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。