思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武器(弓)MODの製作・・・記録

前回の投稿から10日も経過していたとは・・・・
前回の投稿で書いた秘密の隠れ家は徐々にいろいろと改変されています。
住人も増えたり、住人にコンパニオンが実装しているような一部の
機能を実装されていたりと・・・また機会があればお話しするとして・・

今回は、タイトルのとおり弓MODを自作していたので、その記録的な意味
も含めて投稿と言う事で・・・

こうやって作ったよという記録のために実際に作ったのとは違う簡易型の
弓を解説がてら作ります。

使ったもの:
Blender 2.49b
blender_nif_scripts-2.5.7.12a2b78-windows.exe
PyFFI-2.1.9.c1c1c66.win32.exe
Python 2.6.6
nifskope-1.0.22.8329d39-windows.exe

どんなやつかというとこんな感じのものです。

動画:弓MODの確認

照準を合わせに行くと、盾状の板が開閉するという感じのものを作る事にします。
本当は構えると ( `◇)<炎炎炎炎 が立ち込めるみたいな派手なのが
いいんだけど・・・解説用なので手軽な感じで・・・

ベースになる弓のnifファイルをBlenderに取り込みます。
猫さんのImportパラメータはこんな感じです。

import_nif.jpg

で、これがベースにする弓のnifファイルを読み込んだところ。

base_bow.jpg

シンプルな構造の弓でしょ・・・これのBow:0というオブジェクトを
新しく作って行きます。
ちなみにこのオブジェクトにはシェイプキーが設定されていて
弓を番える、発射するという感じのシェイプになっています。

base_bow2.jpg

シェイプキーの名前がBowMorphになってるよね・・・これ大事!!

この中のオブジェクトを簡単に説明するとBowは全体の親オブジェクト
ArrowBoneは矢の動作をするNULLオブジェクト、ArrowHelperは矢の柄の
部分に相当するNULLオブジェクトでconvexpolyは弓のコリジョンを設定
したオブジェクトという感じです。

今回も矢を番えると弦を引っ張るようにするので、Bow:0オブジェクトの
弦以外の部分は削除しちゃいましょう。

make1.jpg

簡単な形状でいいので箱型で作ってしまいます。

arrow_point.jpg

こんな感じの弓になりました。
この画像にArrowHelerのlpoカーブエディターが写っているけど
弓本体のシェイプキーの変化値もlpoで設定します。
まず、シェイプキーをこんな感じで作ります。

shape_add.jpg

弦を引っ張った位置とArrowHelperの位置が合う様にするといいかも・・
弦を引っ張ると盾状の板も動くので、シェイプを整えます。
この時作った2番目のキーの名称はBowMorphにしときます。

次に作ったシェイプキーをlpoカーブエディタで設定します。
shape_bow.jpg

弦が反動で振動する感じにしてあります。
マテリアル設定はExportする時には1個に減らすので
途中は複数あってもいいです。

後コリジョンオブジェクトを作るんだけどあまり大きさとか形状が
違わないようなら既存の物のままでいいかも・・・
詳しい作り方は下記のサイトを参考にするといいかも・・・

Tonaさんの装備作り方講座

簡単に説明すると簡略化したオブジェクトを別途用意し編集モードで
ロジックタブを開いて、バウンドを選択しタイプをconvex hullにして
メッシュメニューのスクリプトからHullを実行・・・
表示されるメニューからconvexを選択して、Precisionの値を入力すると
コリジョンオブジェクトが生成されます。
これをBowの子オブジェクトとして既存のconvexpolyと差し替えればOK。
と、簡単に書くとこうなる・・・分かりにくければ上記の講座を見てください。

で、作成した弓をnifファイルとして書き出します。
猫さんのExportパラメータはこんな感じです。

export_nif.jpg

次はNifSkopeでの作業です。

nif_display.jpg

先程出力したnifファイルを読み込んだ直後の状態です。
BowのNifNodeをトップにするので、SceneRootのNodeは削除します。
この辺りは既存のNifファイルを参考にしてもらって
必要な物を揃えて、いらないものは削除して、ファイルのパスを確認
変更して、こんな感じに整理します。

nif_change.jpg

ここまで出来たらnifファイルを保存してCSで武器を登録します。

cs_make.jpg

作成したNifファイルを登録して、中身は適当に登録します。

後はお好みの方法でゲーム内に投入してください。
猫さんは専用の宝箱に放り込みます・・・・・。

inventory.jpg

宝箱の中に猫さんBowを発見・・・[壁]ー゜)♂ツンツン 当り前・・・・

装備して見ました。

equip.jpg

(≧m≦)ぷっ! まるで猫さんの歩く広告塔・・・・
構えて照準を合わせて見ると・・・
arrowready.jpg

予定通り弦が引かれると盾状の板が目の前に展開されました。
これはこのブログのために作った武器なので使わないものですが
普段使うようの弓も作ってあります。
予定していた物とは違うものになってしまったので・・・
お見せ出来ませんが・・・もっと派手にしたかった・・・・

弓MODの説明をしているサイトが見当たらなかったので・・
試行錯誤した結果なんとか出来たので、投稿の運びとなりました。

何かの参考になれば幸いで御座います・・・・(= ̄∇ ̄=) ニィ
コリジョンの作成の件を書き忘れていたので追加しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/146-4b71255e
<< ご無沙汰です・・・ | TOP | 新世界の創造・・・ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。