思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデリングの参考までに・・・

 今回、HP作成の為に新たに作った猫さんオブジェクトを
作成するに当たって使用したBlenderの機能のキー一覧
を纏めてみた。

これぐらいのキーの意味を知っていれば、この程度のものは
作れるであろうという意味で纏めてみたのだが・・・・
(この事に意味があるのかは不明である・・・・)

機能キー
Dynamic Spacebar Menu
Add Mesh
                Plane, Circle,UV Sphere, Torus
   Add Armature
      Single Bone
ほとんどの機能の呼び出しが可能なメニューパレット
SPACE
Tool Shelf
各種ツールのパレットウインドウ
T
Properties
プロパティウインドウ
N
Grab/Move
移動
G
Rotate
回転
R
Scale
拡大/縮小
S
Origin to Geometry
形状から原点を設定
SHIFT+CTRL+ALT+C
Origin to 3D Cursor
原点を3Dカーソル位置に設定
SHIFT+CTRL+ALT+C
Mirror Menu
鏡像メニュー
CTRL+M
Snap Menu
   Cursor to Center
   Cursor to Selected
   Selection to Cursor
スナップメニュー
   カーソルを原点に移動
   カーソルを選択物に移動
   選択物を3Dカーソル位置に移動
SHIFT+S
Parent Menu
依存関係メニュー
CTRL+P
Border Select
矩形選択
B
Circle Select
円形カーソルで選択
C
Merge
マージする
ALT+M
Rip
引き裂く
V
Vertices Menu
   Remove Doubles
バーテックスメニューパレット
   重複したバーティックスを削除
CTRL+V
Make Edge/Face
線分/面を作成
F
Specials Menu
   Subdivide
スペシャルメニュー
   分割
W
Edges Menu
   Edge Slide
   Mark Seam
   Clear  Seam
エッジメニューパレット
   線分移動
   縫い目の作成
   縫い目の削除
CTRL+E
Faces Menu
   Quads to Tris
   Tris to Quads
フェイスメニューパレット
   四角面を三角面に分割
   三角面を四角面に統合
CTRL+F
CTRL+T
ALT+J

Recalculate Outside
法線を外側に設定
CTRL+N
LoopCut
ループカット
CTRL+R
Extrude
押し出し
E
Delete Menu
   Vertices
   All
   Only Faces
   Edge Loop
削除メニュー
   バーティックスの削除
   全てを削除
   フェイスのみ削除
   エッジループを削除
X
Hide Selected
選択物を非表示にする
H
Show Hidden
非表示のものを表示する
ALT+H
Hide Unselected
選択されていないものを非表示にする
SHIFT+H
View Parsp/Ortho
パース表示の切替
NUMPAD 5
View Front
正面表示に切替
NUMPAD 1
View Back
後ろ表示に切替
CTRL+NUMPAD 1
View Right
右表示に切替
NUMPAD 3
View Left
左表示に切替
CTRL+NUMPAD 3
View Top
上表示に切替
NUMPAD 7
View Bottom
下表示に切替
CTRL+NUMPAD 7
View Camera
カメラ表示に切替
NUMPAD 0
Select/Deselect All
全選択の切替
A
Select Inverse
選択物の反転切替
CTRL+I


この他にもproportional機能も使用するのではあるが・・・
モデリングの際に意外と使用するのがEdgeLoopの削除・・
Vertexをいじり倒してると表面がガタガタになったりするので
そんな時は一定の範囲のEdgeLoopを削除してLoopCutしなおすと
綺麗になっているというわけで・・・・
他にはEdge/Face選択で部分的な回転ですかねぇ・・・
筋肉の盛り上がり部分とか・・・Vertexで作業するとガタガタに
なるのでFace/Edge選択で回転させて盛り上げたりしますね・・・
EdgeSlideも結構使用頻度は高めです。

まぁ製作者によってツールの使用頻度なんて違うからね・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/126-2dd2a87d
<< DynamicPaintのWave機能とコラボ? | TOP | ボーン のCustom Shapeについて >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。