思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近投稿が減ったよね・・

最近、投稿が減った理由というのは・・・・

girls_suit.jpg

とか・・・

girls.jpg

とか・・

blender_girls_fight.jpg

とかいうのを・・・作っていたからではありません!!

こんなのを一から作っていたら・・・大変です。
とはいえ・・・作ったといえば作ったのですが・・。
Daz3DとかPoserとか言うソフトがあるんですが
既存のモデルデータを元に創作するみたいなものかな?
WaveFront形式でモデルデータをExportできるので
Blenderに持ち込んでいろいろと遊んでいたんです。
Blenderでモーフィングしたり、Figureを作る方法を
いろいろと試したりしていました・・・。
BlenderのWaveFront形式とは少し違っていたりしたので
変換プログラムを作ったりしました・・・(ちっちゃいやつですが)

上の3体のモデリングデータはBlenderに読み込んで内部レンダで
レンダリングしたものです。
ライティングは3点ライトしかしてないので(しかも、いい加減)
適当なレンダリングですがね・・・
Daz3Dからの取り込みでFrontWaveのマテリアル情報を詰め込んだ
mtlファイルの取り扱いでいろいろと調整があったので
少し書き留めておきます。


【修正内容】
1.MAPファイルのパスの記載方法を変更する。
 パスが/で記述されているが\に変更する。

 例)
 map_Kd Maps/ssV4 Boots-t1.jpg
      ↓
 map_Kd .\Maps\ssV4 Boots-t1.jpg

2.Ns項目の値を修正する。
 Ns項目はMaterialのSpecular項目のHardnessとして反映されているが
 1/100の値で記載されているようなので(Blenderの解釈かもしれない)
 記載されている数値を100倍に修正する。

AlphaMapのMaterial設定について
 Shadow項目はReceive Transparent以外は解除
 Textureは、Image Sampling項目のAlpha設定で
 Useを解除し、Calculate,Invertを設定する。
 (まつげ、Iris、髪などAlpha情報のmapファイル)

Alphaマップについては、BlenderのWaveFrontのImportで
デフォルト扱いのままで何も処理されていないので
正しいのか不明・・・他のソフトで正しく扱われているので
あればDaz3Dが特殊ということになるのか・・・

Daz3Dは7月末までかな?無料でソフトが手に入るキャンペーンを
やってます・・・登録もできますよ(無料で)
但し、デフォルトでついてるデータだけで物足りなくなると
お金を出して買う事になります・・・
最近流行の無料MMOオンラインみたいな商法ですね・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://perfectcat.blog101.fc2.com/tb.php/116-fed45d70
<< Blender ShapeKeyの追加 | TOP | Blender製作日記 Rev.38098 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。