思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成 -追記-

下の画像は某ゲームのアニメーションの.xファイルを前回投稿のツールで読み込んだところです。
あ!!某ゲームとはOblivionではありません。
日本製の別のゲームです。

pose.jpg

前回投稿でツールのインストール方法を書いていませんでしたが・・・
Blenderのscripts/addons又はscripts/addons_contribの中に適当にフォルダを作成して配布している7zファイルの中身を放り込んでください。
後はBlenderのUser Prefでaddonの中からツールを探して有効にすればObject Toolsの中に出てきます。
続きを読む
スポンサーサイト

完成

この前からチマチマと作っていたツールが完成・・。
動作確認はBlender2.69.7 猫さんBuildです。

.x 形式で出力されたアニメーションデータをBlenderにimportするツールです。
.x 形式にはいろいろありますが・・・テキスト形式のみサポートです。
下の図の赤く囲まれた部分がツールのパレットです。

DirectX_Anim_Tools.jpg

使用できる機能は以下の通り。
・Meshデータをimportできる。
・Armatureをimportできる。
・アニメーションデータをimportできる。

ファイルの指定は間接指定するとエラーになります。

Meshデータについて:
・Materialを再現します。
 UVも再現している。
・Vertex Weightを再現します。
・重複Vertexがかなり気になったので自動的に重複vertexを削除するオプションを付けてます。
・Meshのみの取り込み可能。

アニメーションデータについて
・アニメーションデータの一部を指定して取り込むことが出来ます。
 フレームxxからnnフレーム分取り込み。

Armatureについて
・Armatureのみの取り込み可能。

名称について
.x ファイルの各セクションに名称が付加されていれば
その名称で各パーツを生成しています。

注意事項:
テキスト形式なので記述形式によっては正しく読み込めない場合があります。
ある程度柔軟に取り込めるように配慮はしましたが・・・。

猫さん作でも気にしない人は、ご自由にお使いください。

リンクにある4Shared又はMediaFireのBlender関係のところにdirectX_anim_tools.7zを置いています。

但し利用に際して何か不具合、問題が発生しても猫さんは責任を持たないので
その点を了承できる人のみ使用してください。

謝辞:
Meshの生成については以下の方のScriptを参考にさせて頂いています。
OGRE for Torchlight (*.MESH) 作者の Dusho氏
続きを読む

windows XP

猫さんはWindows XP/32bitsユーザーです。
PCも相当古くなってます。

MicroSoftがXPのサポート打ち切りを発表しても驚きはしませんが・・・。
一企業の思惑で世界中が右往左往・・・。
MicroSoftにしたら新しいOSの普及率が伸びないと開発費ペイ出来ないからねぇ。

とは言え自動車の部品とかならもう製造していないから何かあっても対応できませんと言われても納得できますが。
相手は只のバイナリコードしかもユーザーのリソースの中に入っている。
セキュリティが更新されないから脆弱ですよとアピールしてるけど・・・
クローズドで使う分には何も問題ないし・・・OSが変わると動かなくなる既存のソフトもあるし・・。

世間的には経済効果が発生すると考えられる・・・けど、そのためにお金かけるの?と思う。
そんな余裕がないから今までXPなのに?

世の中には使わなくなるXPマシンがたくさん残るんだろうね・・。
それを無料で後進国の人達にあげれば・・・Linuxに換装して・・・。

Blenderのメーリングリストでもその手の話が出ていました。
どの手? XPサポート打ち切りに伴って、Blenderのサポート対象からXPを外そうか?という話です。

理由は幾つか述べられていたけど・・・それが外す理由?と思えた・・・。
右に倣え?的な・・・

それがBlenderの基本理念なの?
Blenderを動かしたい人がいるから動かすようにしたい・・・。
それじゃダメなのかね・・・。

オープンソースでボランティアの人達の手を借りて成長したBlenderなら
もう少し上ばかり見ないで・・・底辺の要望も拾い上げて欲しいと個人的には願っている。

最近はDirectXのimporterを試作中・・・。
今更感プンプンですが・・・
オフィシャルなDirectXのImporterないんだよね・・・今・・・。

猫さん作なので・・・バイナリ形式は無視です。
テキスト形式オンリー・・・。
Meshの取り込みは既に出来ております。
addons_contribで提供されているImporterより個人用途では出来はいいと思ってますが・・。
Armatureの取り込み、アニメーションの取り込みも予定中。
というか、アニメの取り込みは既に出来ている。
特定のキー位置から指定したフレーム数だけを抽出できるようにしてある。
指定しなければ全フレーム読みます。
Armatureの構成で出戻り中です・・・・。
Armatureの構造認識が正常に出来ていることは確認済み。
(Armatureの構造リストを出力したら現状と一致していたので・・・)
何故かDirectXの資料って難しいのばかりで肝心の部分が書かれていない・・・。
猫さんが必要しているデータをxファイルに書き出すソフトも正しいのか不安な部分も・・。
X ViewerもBoneは表示しないしね・・・。

Frameに名称が記載されてあればその名前でArmatureを構成するので
モーションの流用には使えるように配慮している。
既存のImporterはBone名称をテンポラリ設定しているのでモーションの移行には使えない・・。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。