思いつくままを綴る雑記帳

やっぱりなぁ・・・

いろんなところで既に取り上げられているので今更な感じですが・・・
cisvs.exe microsoft index serviceのプロセスです。

猫さんも前からこのプロセスがずっと気になっていたんですが・・・
CPU Power喰い過ぎるんで・・・
猫さんの使用しているディスク自体は昨今の情勢では小さい部類です。
でもいろいろとファイルが入っているのでインデックスサービスを停止して検索のパフォーマンスが低下するのは避けたくて手をつけずにいました。
SP3もインストールしているのでcisvsの影響で100%CPUを消費するという症状は出ていなかったので・・。
でもディスクが小さい割にはCPUの消費が大きいのではないか?またファイルの変動に関係なくリソースの消費が大きいような気がする。

という理由からインデックスサービスが無い時の影響程度を調べようとサービスを停止してみました。
ん?パフォーマンスが・・・ダウンするどころかアップしている?

あくまでも猫さんの体感ですが・・・
Windowsの起動、ログインからデスクトップの表示も以前よりスムーズに感じます。
後は大量にファイルをアクセスするアプリで影響程度を調べる必要はありそうですが・・・

あ! Oblivinを走らせてみれば一番実感できるかもしれない・・・

スポンサーサイト