思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bone Roll

検索でBone Rollに関する事で来る方がいるようなので少し書きます。

よく古い版の解説でBoneの作成時にZ軸に対してRollをクリアしろと書かれていることがあります。
ここで言う古い版とは2.49相当の版のことです。
(猫さんは2.49b以前の版は使用したことがありません)

2.49bではBone Rollの指定方法が最新版と比べると少ないです。
2.49bでは次の項目があります。
1.ロールをクリア(BoneのZ軸が上になる)
2.3DカーソルにZ軸をあわせる
3.ロール指定(設定されるまでカーソルをリアルタイムに追随)

2.66.1では次の項目があります。
1.X軸
2.Y軸
3.Z軸
4.Active Bone
5.View Axis
6.Cursor
7.Set Roll

ここで間違いやすいのか2.49bの1と2.66.1の3が同じではないということです。

両方の版ともにBoneの空間座標を表示することが出来るので表示すると分かり易いです。
2.49bの1はBoneのZ軸が上になると説明されていますが実際にはRollの値を0に設定するだけでZ軸は垂直方向にはなりません。
BoneのZ軸を垂直方向にするためにはBoneをTransformする必要があるためRollではなくなります。
この機能はロールをクリアであり、決してZ軸を上には向けません。

Roll.jpg

2.49bのデフォルト状態のBoneです。
BoneのZ軸はグローバルビューのY軸の負方向を向いています。
この軸をTransformしないでRollだけでグローバルビューのZ軸方向に向けることは出来ません。
Boneを寝かせると可能ですがそれはTransformです。
2.49bではこの場合でもRollをクリアします。

ところが2.60以降の版ではRollをクリアという設定方法がありません。
自分でRollの値を0に設定すると同じですが、間違ってZ軸にあわせる3を選択するとおかしな状態になることもあります。
Rollの設定はBoneの持つZ軸を指定した方向にあわせる機能です。

初期状態のBoneではZ軸にあわせることはできません。
(前述のように寝かせれば可能です)

Rollの設定を間違えないためにBoneの座標系を表示することを勧めます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。