思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blender製作日記 Rev.35914

【Rev.35914

試験的ビルドに統合されている猫さん開発の機能
1.Disappearance機能(Build Modifierの逆機能)
2.ScriptDeform機能(スクリプトファイルの実行補助)
3.divide-sculpt機能(Edit Meshに対するスカルプトもどき)

(MiikaHさん開発)DynamicPaint(Rev.118e)も統合済

試験的ビルドの実行ファイル:
blendertest.lzh
試験的ビルドのスクリプトファイル
scriptstest.lzh
divide-sculpt機能の説明書
divide-sculpt機能説明
scriptdeformの記述規則
scriptdeformの記述規則
スポンサーサイト

Blender製作日記

【Rev.35857

divide-sculpt機能に機能追加をしました。
divide-sculpt機能内でオブジェクトの移動、回転、ZOOMが可能になった。
sculpt形状を2種類に増加。従来のカーソル内均一sculptとカーソル中心
から外側に向かってsculpt量が減少する2タイプを実装。
山型らしい山型になりました・・・
追加項目は機能説明書に記載しています

試験的ビルドに統合されている猫さん開発の機能
1.Disappearance機能(Build Modifierの逆機能)
2.ScriptDeform機能(スクリプトファイルの実行補助)
3.divide-sculpt機能(Edit Meshに対するスカルプトもどき)

(MiikaHさん開発)DynamicPaint(Rev.118e)も統合済

試験的ビルドの実行ファイル:
blendertest.lzh
試験的ビルドのスクリプトファイル
scriptstest.lzh
divide-sculpt機能の説明書
divide-sculpt機能説明
scriptdeformの記述規則
scriptdeformの記述規則

BlenderビルドSVN35857

最新SVN Rev.35857のバイナリ差分ファイルの公開

DynamicPaintのRev118eが公開されたので対応しました。

OPENMPに対応していますのでDLLも更新してください。
更新しないと起動時にDLLが足りないと言われます。
(OPENMPとは並列処理のことです・・)

==== 変更ファイル ====
BlenderExe.lzh
blenderPlusExe.lzh
scripts.lzh
scriptsPlus.lzh
blenderplayer.lzh
======================

既にわかっている問題点
・DynamicSpacebarMenuがLoadUI付きのファイルの読み込み、
 新規オープンなどでSearchMenuに置き換えられる。

1.BlenderExe.lzh (私的な機能追加を含まない最新Revバイナリ)
BlenderExe.lzh
2.blenderPlusExe.lzh (DynamicPaintを含んだ最新Revバイナリ)
blenderPlusExe.lzh
3.scripts.lzh (BlenderExe.lzh用のscriptsフォルダ内ファイル)
scripts.lzh
4.scriptsPlus.lzh (blenderPlusExe.lzh用のscriptsフォルダ内ファイル)
scriptsPlus.lzh
5.blenderplayer.lzh (blenderplayer.exe)
blenderplayer.lzh
6.DLL.lzh (DLL群)
DLL.lzh
7.python32.tar.gz (Python32ライブラリ)
python32.tar.gz

DynamicPaintの組み込まれたBlenderについては
開発者であるMikaHさんのホームページで定期的に更新されていますので
そちらを使用される事が望ましいと思います。
尚、DynamicPaintに関してはRev118eに対応した物を適用しています
DynamicPaintのチュートリアルも公開されています


MikaHさんの公開ページ

尚、公開ファイルの使用にあたっての注意点、責任範囲については
初回投稿の記事をご覧下さい。 こちら

Blender製作日記

【Rev.35838

試験的ビルドに統合されている猫さん開発の機能
1.Disappearance機能(Build Modifierの逆機能)
2.ScriptDeform機能(スクリプトファイルの実行補助)
3.divide-sculpt機能(Edit Meshに対するスカルプトもどき)


(MiikaHさん開発)DynamicPaint(Rev.118e)も統合済

試験的ビルドの実行ファイル:
blendertest.lzh
試験的ビルドのスクリプトファイル
scriptstest.lzh
divide-sculpt機能の説明書
divide-sculpt機能説明

試験的ビルド--スカルプト?

Editモードでスカルプトっぽい機能を実現するための試験的ビルド
ですが、以前からある試験的ビルドのバイナリに統合しました。

根本的な構造を変更したので実装機能自体も変更しました。
実装機能の説明を改めて示しておきます。
この機能の名前はこの場ではdevide機能と一応定義しておきます。

devide機能は分割モードとスカルプトモードに分割しました。

・分割モード
 CTRL+/キーの押下でモードに入ります。
 面の分割関係の機能を纏めてあります。

 Mキー:選択された面の中で四角形の面を三角形に細分化します。
 Tキー:選択された面の中で三角形の面を三角形に細分化します。
 LMB:左マウスクリックされた部位(面or辺)に対して細分化を実行。
 RMB:分割モードを抜けてEDITモードに戻る。
 ESCキー:分割モードを抜けてEDITモードに戻る。

・スカルプトモード
 SHIFT+/キーの押下でモードに入ります。
 モードに入った時にはNormalの移動方向はUPに設定されている。

 Uキー:Normalの移動方向をUPに設定する。
 Dキー:Normalの移動方向をDOWNに設定する。
 LMB+ドラッグ:サークルカーソルに含まれるVertexを設定された
        Normal方向に移動する。
 マウスホイールUp/Down:サークルカーソルの大きさを増減する。
 RMB:分割モードを抜けてEDITモードに戻る。
 ESCキー:分割モードを抜けてEDITモードに戻る。

猫さんのマシン環境でテストしたところ、前回の公開バイナリよりも
性能はよくなりました。
Vertex総数59000くらいのオブジェクトでもサクサクと動作します。
もっともVertexの分割総数もそうですが、サークルカーソル内の
Vertexの総数が増えると負荷が増えるので動作が重くなります。

従って、重いと感じたらズームインするとかサークルカーソルを
小さくするなどしてカーソル内のVertexの数を減らしてください。

Blender製作日記 --ScriptDeform機能

昨日お知らせしたpyファイルのエラーの問題はまだ正式には
修正がないので、猫さんが修正したものをいれてあります。
正式版がでたら入れ替えますね。

今回もバイナリはCMAKE版になってます。
実はSCONS版と比較してCMAKE版の方が25%程度速いです・・。
SCONSに比べて細かく最適化してあるので・・
SSE2とか・・リンク関係で最適化されてます・・。
DLしたけど動かないよって人がいたら・・・<( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ~♪

OPENMPに対応したのでDLLも更新してください。
更新しないと起動した時にDLLが足りないと言われます。

ScriptDeform Modifierは、Blenderファイルに保存されませんので
改めて記載しておきます。

試験的ビルドの実行ファイル:
blendertest.lzh
scriptstest.lzh

機能的には前回と同様で変更はありません。
Rev.35791まで適用済

今回投稿の最新Revについての注意点

今回投稿した最新のRevですが、一部のpyファイルが
修正に対応していないようです。
Rev35764にて、Python APIが修正されているのですが
それに対応していないままのようです。

起動した際にBlender consoleにPyファイルのエラーが
いくつか表示されると思います。

これは上記修正で、KeymapのAPIの名前が変更されているのに
変更前の名前が使用されているためです。
現時点では修正のRevが公開されていないので、自分で対応する場合は

km.items となっている部分をkm.keymap_itemsのように修正すれば
正常に動作します。
エラー報告されている部分のitemsをkeymap_itemsに変更すればいいわけです。

正式公開されていないので、ここでは情報として発信しますが
公開しているファイルは正式Revのままとさせていただきます。

正式に修正版が公開されましたら差し替えます。

Rev35764の修正内容を記載しておきます。

fix [#26601] Python error when use of autocomplete
Was a naming collision with 'keys' python method, reserve keys/items/values/get for python.
Updated animsys_update.py for shapekey data paths.

renamed:
Particle.hair --> hair_keys
Particle.keys --> particle_keys
Key.keys --> key_blocks
EnumProperty.items --> enum_items
KeyMap.items --> keymap_items
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。