思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blender製作日記--DynamicPaint実装

前回投稿で報告していた自前ビルドのBlenderにDynamicPaintを
組み込む事に成功したので、その報告投稿です。

DynamicPaintを公開されている方のところから必要なファイルを
DLしてきて、中身を拝見・・・・(* ̄- ̄)ふ~ん・・・・
わかりまへん・・・・(いつものことだろ・・・)
プログラムの中身を見てもわかるはずもなく・・・
とりあえず、何が追加されて何を修正すればいいのかを
パッチファイルから抽出しまして、自前でビルドする環境との
違いを確認します。
猫さんのビルド環境はBlender2.54bのRelease版のものをベースに
9月20日前後までの最新修正が入っているので比較的楽に組み込みが
できるはず・・・・あくまでも・・・はずです。
新規追加ファイルは提供されているパッチファイルから切り出して
新規追加用のパッチファイルにしました。
これを動かせば新規追加分は自動的に作成されます。
後の既存ファイルの修正箇所は残った提供パッチファイルを確認しながら
手作業で修正・・・・パッチすれば自動なんだけど・・・
既存ファイルのベースが違うので慎重を期すため手作業です。
何度か確認を行いファイルの組み込みは完了!!
で、DynamicPaintを組み込んだ環境で・・いざBuild!
見事にビルド失敗・・・・まぁ普通の事です。
で、表示されたエラーを見ながら・・・環境を修正・・・ビルド・・
この繰り返しです。
やっとコンパイルエラーは全て潰せました。残るは最終リンクの
リンクエラー・・・凸(`△´+) ナンダト!!この関数あるじゃん
なんでリンクされないんだろう・・・・・(*'へ'*) ンー
(  -o)y-~~~ スパー・・・・・ (*'へ'*) ンー
(  -o)y-~~~ スパー・・・・・ (*'へ'*) ンー
(  -o)y-~~~ スパー・・・・・ (*'へ'*) ンー
結局、次の日に持ち越し・・・・・(  -o)y-~~~ スパー
Blenderのビルド環境はちょっと特別なところがあって
ソースファイルを生成している部分があるんですよねぇ・・・
リンクエラーのでる関数はファイルには実装されているので
気づかなかったのですが、この生成されるファイルの中に
DynamicPaintの関係するファイルがあって、これを新たに
プロジェクトに追加登録しないとだめだったんです。
で、無事ビルドに成功しました。
ということで、早速DynamicPaintでサンプルを作ってみました。
まぁ中身は開発者の方がすごいので期待しないでね・・・
(o・。・o)あっ! 例によって動画は別サイト保存です。
圧縮もMPEG4になってます。(DivXのサイトにコーデックはあります)
<サンプル紹介>
1.これぞDynamicPaintという感じのサンプル
ペイント塗りたくり
2.流体シミュレーションに対するDynamicPaint
ペイントぶっかけるぞ
3.DynamicPaintによるDisplacementへの適用
( ´△`)アァ- 前方注意
4.同じくDisplacementに関するサンプル(Normal方向が-)
吸い込まれる・・・・
5.Displacementに関するサンプル(Normal方向が+)
(o・。・o)あっ!押しちゃった

4と5は題材が同じでDisplacementに適用するNormal方向を入れ替えたものです。
開発者さんのサイトではパラメータの説明などがまだなさそうなので適用
しているパラメータなどは適当です。生成されたUV画像を見てこれを適用
したらおもしろそうかもなんて考えながらやってみました。
スポンサーサイト

Blender製作日記--Blender2.54bのビルド

(*´∀`)ノ゙ チワ―――――――ッス!!!!!
今回は、Blenderの最新版の2.54bのビルドについて・・
ここしばらくはBlenderのビルドをしておりました。
いろいろとググって調べるとSCONSとかminGWとかひっかかったので
そちらでやってみたんですが・・・・全然ヾ(`◇')ダメッ!
環境設定が悪いのか・・・英語読解力の限界です・・・
というわけで・・・VisualC++2008ExpressEditionをサイトから
ダウンロードしてきまして・・・VC2008のみでビルドに挑戦してました。
結論はというと・・・・・無事にRelease版、Debug版ともにビルドできました。
とはいえ・・・いろいろとまたまた紆余曲折はありましたけどね・・

で、とりあえずDebug版で起動・・・
debug1.jpg
起動時のスプラッシュ画面が出る前にブレークポイントを
設定してましたので、ここでブレーク発生。
こちらの画像は
debug2.jpg
タイムライン画面でフレームスライダをいじった時にブレークしたものです。
今回作成したビルドはVc2008Express単体で行ったので、デバッグも簡単です。
自前ビルドなので適当にソース改変しても大丈夫ですし・・・
(いじるソースをよく見ずにオープンソースじゃないライセンス付きのソース
を知らず知らずのうちにいじっていた時もありました・・・ヒィー(>ω<ノ)ノ)
これはきちんと元に戻しましたが・・・ちゃんと確認していじりましょう
Blenderのビルドに関する記事も結構以前の記事が多く、最近のは機能追加の
ためにいろいろと公開されている方もいますが、ちゃんとした開発環境を
既に持っている方ばかりなので新規に開発環境を整えようとする方には
中々難しいものがあるのではないかと・・・・
オープンソースなのでRelease版のソースではもう少しきちんとした形での
アップがされていればいいのですが・・・
オープンソース故にそれなりにソースをいじるにはハードルが高いのかも
しれませんね・・・・
まぁ今回ビルドに挑戦してみていろいろとまた勉強にもなりました。
以前にFluid-SimをいじっていてDomainのResolutionを200ぐらいに上げて
シミュレートしたら突然BlenderがAccessViolationで落ちたんですが
その原因もわかりましたし・・・
商用アプリじゃないので・・・突然落ちるのも仕方ない(*゚∀゚)ゞデシ
使う側の設定が悪いので・・・・ピシッ! (*ー"ー)ノ
で、今は前から気になっていたDynamicPaintを取り込もうと努力して
おります。 "\( ̄^ ̄)゛ハイ!!
こちらがその紹介サイトです。
http://www.miikahweb.com/
どのようなものかはまだよく知らないのですが・・・・
(知らなくてもデモムービーを見れば欲しくなります・・・)
オブジェクトやパーティクルにアニメーションするテクスチャを描けるんです。
試しにデモムービーをご覧あれ・・・

Blender製作日記 Fluid-Sim Part2

前回投稿したFluid-Simの動画は、ちょっと流体の動きが遅かったので
修正した物を2つ程投稿しました。

こちらは波頭などのパーティクル処理をしてないもの
高解像度修正版

こちらはFluidパーティクルによって波しぶき等を追加したもの
高解像度パーティクル付き

流体の動きが遅かったのは、Fluid-Simのシミュレート時間を
8秒で生成したためで、今回のは0.8秒で生成してあります。
フレーム数は前回と同じなので10倍の現象を再生した様なものかなぁ・・

後、解像度は前回のが120で今回のは180です。
これ以上上げるのは猫さんの環境では無理です・・・・

というわけで、比較してみてd(゜ー゜*)ネッ!

Blender製作日記 Fluid Sim

今回は、流体シミュレーション(Fluid Sim)の話です。
Blenderには流体を扱うシミュレーションシステムが組み込まれているので
試して見ました。
Fluid-Simの紹介ビデオでマジシャンに扮したキャラがアヒルを使って
シミュレーションを紹介しているのがあったのですが、それを真似て
見ました。

題材はマジックでもなんでもないですが・・・
使っているオブジェクトは少ないです。

Domain.jpg

これがシミュレーションを行う領域で、Domainと呼ばれるものです。
これが結構設定パラメータが多いのですが、全てを設定しなくても
動きます。
Domainの形状は立方体のみなんですよ。

Fruid.jpg

これがFluidと呼ばれるもので最初から流体の入ってるものです。
Fluidはどんな形状のMeshでもいいらしいです。
但し、極端すぎる形状だと生成された流体が見えない事もあるらしいので
気を付けるべき(*゚∀゚)ゞデシ。

Control.jpg

これがControlと呼ばれるもので、シミュレーターの中で動くもの
のことかなぁ・・・
今回は、前回と同様にねずみ君がやってます。
Control2.jpg


で、最後に紹介するのがこれ。
Floor.jpg

Obstacleと呼ばれるもので、いわゆる障害物のことです。
今回は、床が障害物というかFluidで発生した流体を受け止める
役目で設置してます。
後はシーケンスを設定して、Fluid-SimでBAKEします。
BAKEすると流体の動きがわかるので納得したらANIME出力です。
今回、Fluid-Simをいじってみて悩んだところは
流体の動きが思うようにいかないところでした。
Fluid-Simではシミュレーションする実際のサイズがいくらなのか
設定するところがあるのですが、その値で全然動きが違います。
数値的には10mまでが限界?なのらしいのですが・・・
(o・。・o)あっ! それぐらいなら普通の感覚で入力すればいいな
と思って入れて見ると・・・・( ・◇・)?(・◇・ )あれ
結論は、10mとかいれるのは海とかを想定した場合の方がいいらしく
レスポンスのいい結果がほしいならcm単位ですかねぇ・・・
今回のDomainのリアルサイズは60cmに設定してあります。

で、今回の映像ですがやっぱり大きいので別サイトの倉庫に
入れました。
BlenderでノーマルのAVI形式で書き出すと90M超えます。
で、前回同様にAVIファイルをWMNのMP4に圧縮しました。
これだと1.5Mぐらいになりました。
WMNのMP4形式なので見れない人もいるのかなぁ?
そんな人は・・・
「divxコーデック」でググって見て、コーデックのみを
インストールすればいいです。
無料のソフトの方なんだけど、コーデック以外も入れちゃうと
有料版にしませんか~って案内でちゃうので・・・
流体シミュ

見てもらえば分かるんだけど最後の方でねずみが出てきますが
実は一生懸命流体の中を泳いで飛び出して来てるんです。
こんなふうに・・・
一生懸命なねずみ君・・・

今回の投稿はこんな感じでございます。
続きを読む

Blender製作日記

前回投稿したクリーチャを使ったショートムービーを作成していました。
ポージングも完成し、いざレンダリング・・・・
コロコロリン ○)))ヘ(^・・^=)~ ミャーミャー
コロコロリン ○)))ヘ(^・・^=)~ ミャーミャー
みー(・・ヽ)てー(ノ・・)るー(・・ヽ)だー(ノ・・)けー♪
中々終わりません・・・・
一画面のレンダリングに25秒ぐらいかかってる模様・・
160フレームあるから・・・(*゜0゜)ハッ!!
放置決定です。
で、ようやく終わった模様・・・・プレビューしてみようと []"7(゜▽゜*)ピッ
Σ(- -ノ)ノ エェ!? 真っ黒な画面が延々と・・・
なんで??? ( ̄-  ̄ ) ンー 2.49bだとできたのに・・・
2.53bだとだめなの?
そんなことないだろ!! と、自分で突っ込みを入れて見たが・・
やっぱり真っ黒の画面だけ・・・
コンソールにちらほらエラーっぽい表示がでてるようだけど・・
わかりません・・・・ヾ(´▽`*)ゝあーい♪
仕方ないので、ただいま出力フォーマットを変更して作成中です。

で、ここで問題発生・・・・いつものことです・・・
予想される動画ファイルのサイズが・・・・FC2ブログでは
無理な容量らしい・・・・
前回みたいに小さくして投稿しようか・・・
(*'へ'*) ンー 別の無料サーバー探してみよう・・・
キョロ( 「・ω・ )キョロ( 「・ω・)キョロ 
(*。◇。)ハッ! 見っけ
早速会員登録してと・・・・使えるようになったらしい。
でも、ブログに関する知識は増えてないのでできるのかは不明・・・
で・・・で・・・無事投稿できたらこちらでお知らせします。
ちなみにこんなやつです。
movie.jpg
続きを読む
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。