思いつくままを綴る雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEAM版Oblivionの日本語化パッチ

STEAMのサマーセールでOblivionがセールになっていたので、懐かしくて覗いてみたんだけど。
レビューを見てて気になることが…。
Windows10で日本語化パッチを当てたらOblivionが起動しなくなったという書き込みが…。
これってXP以降では同じことがあって、データ実行防止(DEP)設定の除外リストにOblivionを登録すれば
起動できたと思うんだけど・・。
パッチ作者がその報告を受けて、Windows7までは対応したものに差し替えたような・・・ないような・・・。
猫さんSTEAM版持ってないからわからないけどね・・。
日本語化パッチがそのOSに対応していなかったから、暫定策でデータ実行防止(DEP)設定の除外リストに入れてくれ
という話だったと思う。
Windows10はその頃まだなかったから、Windows10でも同じ事すれば起動するんじゃないかな?
やってないから確かではないですが・・。
これは、Oblivion 日本語化 Wiki (避難所)のFAQに書いてあるよ。
スポンサーサイト

大病

猫さん、しばらく病気療養のために入院しておりました。
腹部大動脈瘤の治療のため、開腹して血管を人工血管に置き換えるという…。
見事にお腹にでっかい傷跡を頂きました…。
瘤が破裂する前に手術をしたので、経過は順調そのものですが。
社会復帰するには、しばらく時間が必要のようで…。
最初はカテーテルによるステントグラフトによる内挿術の予定でしたが、部位の位置関係や部位の範囲、
つぶしてしまう血管、術後の生存年数を考えると実績年数の低い術式より、開腹して人工血管に
置き換えた方がリスクが低いということで、入院後に開腹方式に変更になりました。
どうも猫さんは麻酔関係には弱いらしく・・・長い間目が覚めなかったので痛みを感じることもなく
過ごせました。麻酔から覚めた後も痛み止めの厄介になることもなく・・・・。
そのため、病院では病人とは思えないと言われるぐらいリハビリを自主的にこなし、無事本日退院できました。
でもまだ、うつ伏せで寝ること、腹筋を使うことなどはダメだよって・・・自分でもそれはまだ怖いのでやれと言われても
しませんが。

揺れる?

タイトルじゃ、何のことですか? 状態ですが…。
SkyrimSEのネタでもということで、書いちゃいます。
最近、「The Book of UUNP Volumes 1 2 and 3 - UNP - Sevenbase - UNPB」ってMODを見かけて
コメントを見ていたら、旧版のTBBPなら揺れるという書き込みがあったので、ん? と考えた。
SKSEが無いから物理演算じゃないよね? と、・・・・調べると、モーションのでBoneアニメで揺れると・・。
猫さんのところのSkyrimSEのプレイヤーキャラもセパレート環境なので、カスタムボディにしてます。
SKSE出るまであれこれといじる気もなかったので、放置してましたが…。
久しぶりに揺らしてみる? 的なノリで・・・作業開始と…。
OldRimでカスタムボディを作っていたので、旧版のTBBPボディからBodySlide2を使ってWeightを移植。
で早速、テストしてみた。
ジャーーーンプ、物理演算じゃないから当然揺れません。
で、モーションを追加して走ると、問題なく揺れると…。
でも、鎧がDaedric Reaper UNPなんだよね・・・当然、カスタムボディ仕様・・・。
鎧着てると、当然揺れないと・・・・。
仕方ない、こいつも移植するか・・・と。
ついでに前から気になっていたところも修正しようと…。
こいつベースがCBBEなんだもんで、微妙にずれてるんだよね。
で、BodySlide2でカスタムボディに調整し直して、一旦出力。
ここで、スカートを出力するとBodySlideが落ちちゃう・・・。
ま、下半身はベースからいじってないので元々のやつでいいか・・・。
で、次にBodySlide2でCBBEからUNPにコンバート。
で、コンバートしたやつにUNPBのWeightを移植・・。
で、OldRimのファイルなので、SE版用にnifファイルをコンバート。
全てを導入MODに放り込んで、動作確認。
装備の着脱を繰り返して、違和感のないのを確認。
部分的に装備を外して、他の部分がずれないのを確認。
最後に、鎧を装備したまま走って、揺れるのを確認。
ついでにHeadのtextureを差し替え…。
何気にちょっと年齢を感じる感じだったので、_msnファイルを差し替えて若々しくしてみた。

猫さんも4Kに

猫さんのPCモニタが4Kになりました。
そういうわけで、スカイリムSEも4Kでいじってます。
下の絵はRudy ENB SE for Vivid Weathersの猫さんカスタム版…。


この子は旧スカイリムで入れてた古い版のをSEに猫さんコンバートで持ってきてます。
textureを入れ替えたりしてるけど…。
オリジナルだと油ギッシュっぽい、なんかへんてこな感じあるんだよね。
4Kで画像がでっかいのでクリックする際はお気をつけて・・・。
このサイトは2MBまでしかアップ出来ないのでjpgに変換してあります。
Scrn73.jpg
プレイヤキャラを個別化するMOD入れたんだけど、それ入れると何故かスローモーションに…。
というか、走らない…。そして、Meshが反映されない・・。
で、調べてみるとCarryWeightを変更するMODと競合してたようで…。
CarryWeightはコンソールで変更することで競合解消したら上手く反映されました。
SKSE64が来る前に全部のクエ終わってしまいそうですが…。
まぁ、SKSE64が来たら来たでいろいろとまたいじくれそうですがね。

OblivionにReShade?

SkyrimSEで未だENBが出てなかった時にReShadeで綺麗にっていろいろ出てたけど…。
その頃幾つか試したけど・・・なんか納得いくのがなかったのを覚えてる。
最近、別のGameでReShadeを試すことがあって(ver.3.0.6)、記事書いてる時点の最新版。
まぁ、いろいろなフィルター試しながらの調整なんだけどね…。
これって、対応ENBなくてもそれなりに綺麗になるから便利っちゃ便利。
で、去年ENB版のOblivionの記事書いたけど(あれから一度も起動していませんが・・・)、あれからGPU、電源、
CPU換装などいろいろやったので、OblivionもReShadeやってみる? というか、まだ動くのか? という意味で。
ReShadeのサイトにも古い版のPresetsはあるようですが・・・・それには興味がないので。
ReShadeセットアップでOblivionを指定して、Direct3D 10+を指定してインストール。
(猫さんPCはWin10Pro64bits)
で、いろいろとフィルターをいじくって調整。
enb2016_3_19_11_53_40.jpg
これが去年ENB化の時の画像。
Oblivion 2017-01-14 11-32-07
これが何も使ってない時の画像。ゲーム内オプションは何れも高設定。
Oblivion 2017-01-14 11-32-13
これがReShade v.3.0.6で調整した画像。
去年の時よりFPSが跳ね上がってるのはGPUが良くなっただけと思う。
DOFは嫌いなので切ってあります。よりシャープで鮮明なのが好きなので…。
でも、鮮明すぎて見た目が汚くならないようにはしてあります…。
色味は前よりはいいかなって感じの調整にはなった・・・・が・・・
インベントリー画面とか、ロードスクリーンとかの画面は前の方が良かったと思う。
まぁ、使えるんじゃね?ってことで。
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。