思いつくままを綴る雑記帳

Blender Build

なんか「GTX-1070」、「CUDA」、「Blender」などのキーワードで来る人がたまにいるようなので
しばらく投稿もしてなかったので、そのお題で書くことに…。
書いてる時間が夜遅めなので手短に…。

猫さんがBlenderをビルドする際に、気を付けていることを思い出すままに…。
(なるべく順序立てて・・・)

1.ライブラリー、ソースのダウンロード設定などは公式の手順通りで問題なし。
2.日本語環境でビルドするため、いろいろと手直しが必要になることが多いので修正可能にようにBranchを作成する。
3.最初にソースをチェックアウトした時に気を付けることは以下のファイルの形式を確認する。
 blender\source\blender\makesrna\intern\rna_wm.c
 ファイル形式があちら向きでビルドするとエラーが発生することがあるので、エラーが発生したら保存形式を変えてやれば大抵は問題なくなる。
 猫さんはUnicodeで改行はLF形式で保存してます。
3-1.コマンドプロンプト画面でビルドしたりする時は以下のコマンドでコードページを切り替えた方がいいかも。
 chcp 437
4.個別の変更をする場合は、別途作ったBranchに切り替えて変更する。
 変更用のBranchをPersonalって名称だとすると、master Branchで最新の更新を行ってからPersonalに切り替えてmasterにリベースする。
 これでPersonalが最新の更新になる。ついで、変更がある場合は変更してビルド。
 ただし、変更したら次回の更新のために変更をスタッシュに保存してからmasterに切り替える。
 次回からはmasterを更新、Personalに切り替え、Personalをmasterにリベース、保存したスタッシュを戻す。
 これで最新の更新に前回の変更分が適応される。
5.最初にビルドするときは、cmake用の環境を構築する必要があるのでGitウインドウでこんなコマンドを入れる。
 make full nobuild
 fullはなくてもいい。自分の必要なパラメータで。
 これで、cmake用の環境が出力されるので、あとはcmakeでコンフィグを設定すればいい。
 GTX-1070用のCyclesを生成するなら、WITH_CYCLES_CUDA_BINARIESをチェックしてコンフィグすれば関連する項目が追加される。
 大抵、CUDA_SDK_ROOT_DIRが見つからないと出ると思うのでCUDA8.0のインストールフォルダを指定すればいい。
 デフォルトだとc:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDAかな。
 で、GTX-1070のCUDAのCompute Capabilityは6.1なのでCYCLES_CUDA_BINARIES_ARCHにはsm_61を指定。
 自分のGPUのCompute Capabilityが分からなければ以下のサイトを参照。
 CUDA GPUs
 Nvidiaの公式サイトなので、心配なく。
 GTX-1060以降はCUDA8.0以降じゃないとサポートされてないのでお忘れなく。

BMW27.blend(Rev.4)が1920px×1080px(50%)がデフォルトだと思うけど猫さんの環境で大体1min25secぐらいでレンダリングされてます。
1920px×1080px(100%)だと5minを少し切るぐらいです。
スポンサーサイト

GTX-1070でBlender

永らくBlenderのビルドをしてなかったけど・・・
GTX-1070に換装したので・・・CUDA 8.0を入れてビルドしないと
GPUレンダリングが出来ません・・。
というわけで、CUDA 8.0RCをインストールしてビルドしようとしたけど・・・
最新のソースだとエラーが・・・。
(後から更新したらビルド出来たけどね)
というわけで、以前ビルドしていた環境をCUDA8.0用に変更してビルドしてみた。

ビルドは正常に出来て、BlenderでBMWの評価ファイルをレンダリングしてみることに。
以前の環境だとレンダリング時間はまったく勝てなかったんだけど・・・。
今回は5秒程度勝利・・・。
って、たった5秒ですか・・・。
まぁ、使用しているBlenderのバージョンも違うしね・・・。

で、後から最新ソースでビルドしたBlenderで計測すると・・・
あれ?まったく勝てません・・・。
20秒以上遅いんですけど・・・。
ん~分からん。
当分は古いソースでビルドしたものを使うことになりそうかな・・・。
続きを読む

NVIDIA GTX-1070

今年の1月にPCを買い替えて半年足らずなのに…。
NVIDIA GTX-1070が出ました。
いやぁ、あの価格であの性能・・・・いいよね。

というわけで・・・(どういう訳かは想像にお任せ)仕事の帰りに日本橋へ・・。
気づけば日本橋に行くのは8年以上ぶり・・・。
学生時代とかよく行ってたのになぁ。
で、記憶を頼りに行っては見たものの…、行き方間違ったし。

以前はあまり遅い時間まで開いてなかったような記憶があったので
そそくさと目当ての物を探すことに…。
同じGTX-1070でも割と価格に差があるものだと・・・眺めていました。
スペックを見ても価格に見合う差があるようには見えず・・・店員さんに聞いてみると。
大して変わらないそうで・・・では、その値段の差はと聞くと「ブランド」の差ですと…。
んー・・・こっちもよくわからない回答だった。
でも、まぁ適当に売れ筋をいくつか教えてもらい、直感で選択して購入。

帰宅してGTX-960を外して、GTX-1070に換装…。
と、ここで補助電源が8ピンと6ピンが必要って・・・オイオイ。
カタログで調べたときには8ピンだけだったような…。
メーカーで違うのね・・。
まぁ、取りあえず換装して・・・電源をポチっ。
・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・。
ん? なんだか時間掛かってない?
いつもならとっくにログイン画面のはず…。
何も出ないので・・・リセットしてバイオス画面で確認することに。
・・・・・。
・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。
おーーーーーい。
マウスクリックしたり、キー叩いたりしたら・・・・なにやら、画面に表示されたけど、
画面の半分真っ白・・・・なおかつ、画面のあちこちにドットが・・・。
これ・・・初期不良品じゃね?
ということで、翌日購入店に連絡して週末にサポートに持ち込むことに。

購入店で確認してもらったら、交換しますとの事。
で、同じものは心情的にNO THANK YOUだったので
補助電源8ピンオンリーのものにしてもらった。
6ピンのものはと尋ねたが、ないらしいので。
元々あった電源は500W(Silver)なんだけど、8ピンタイプが1個しかないので
8ピン変換ケーブルを探すことに…。
でも、どこにも見当たらない。
昔はあったらしいけど、8ピンの電気的な要求規格を満たせてないとかで今はないらしいとのこと。
て、ことは電源換装?
そのことを聞いてみると自作で1070に換装する人は大抵容量の大きな電源に換装してるとか。
でもカタログ要求の500Wは満たしてるんですが・・・と聞くと。
それは最低ラインで足りなくなると最近のグラボはあまり壊れなくて、マザボとかの方が危ないらしいと・・・。
いや、それは困るので仕方なく700W(Gold)を購入。
なんやかんやと出費してるような…。
で、自宅に戻ってまずは電源の換装から…。
まず、既存のGTX860のまま電源の換装に問題はないかを確認。
次に960を1070に換装して確認。
今回は購入店で事前に完動品であることを確認してもらっていたので問題なし。
で、GTX960をどうするかだけど・・・・取りあえず、箱にしまっておやすみさせることに。

ここまでやってなんですが・・・GTX-1070ってPascalベースだから
CUDA Tool KitがCUDA8.0からじゃないと正式対応してないんだよね…。

新生Oblivion

猫さんのPCが新しくなって2ケ月世間一般的にはミドルレンジのPCだと思いますが前のに比べると雲泥の差があります。
(未だに前のPCはXPをリインストールして使ってますが・・・)
で、買った時にSteamが入っていたので時々どんなのがあるのが覗いていたのでSkyrimが激安の時にうっかり買ってしまいましたが…。
たぶん、Modが作らないと思うけどね…。
他のソフトの環境構築のために新たにSSDを別途追加したので起動用のSSDに残してあったOblivionの環境を移動・・。
移動ついでに動かしてみたんだけど・・・ん?重くね?
というか、この環境前のPC用だからなぁ・・・と・・・・構築し直す?・・・でも、しなくね?・・・・
と、自問自答をしばらく重ねましたが…。
一念発起して新規構築し直すことに(後に断念しますが)…。
方針的には以前は諦めていた環境系の強化及び見た目を改善することに…。
で、構築し直してて気づきました・・・・Bashのインストール用のファイル群はあるけどインストール後にいろいろといじってるので、そのままインストールし直すと今とは違うものになることに…。
手を入れたものを調べて7zに作り直せばいいだけの話ですがメンドクサ!・・・どうせ、動作確認してすぐに放り出すのは目に見えていたので、新規構築は断念・・。
今の環境に手を入れることに・・・・(これで、ますます差分が広がるのに・・・)
Skyrimを構築した時にENBをいろいろと入れまくっていたのでオブリでもENBかな?と思ったけど古いのがあるだけなのね・・。
取りあえず統合環境のQTP3 Redimizedを入れる。
水回りは以前から使ってるのをそのまま流用。
で、OBGEの代わりにOblivion Reloadedを入れてみることに…。
取りあえずオプションをいろいろと試してみたけど・・・・片っ端からオプション外すことに…。
どうもこれは猫さんのやりたいこととは相性が合わないみたい…。
余計なことしすぎって感じがした・・。特に気に入らないのは会話の際に勝手にアングル変更しちゃうこと。
それにグラフィック関係もこれぐらいならENB一本で事足りるんじゃない?って感じた。
雪が積もるのが売りみたいだけど・・・・見たけど大したことないし・・・いらない。
ということで、Oblivion Reloadedは却下することに・・。
じゃ、ENBいれるかと思ったら日本語化Patchをひとつ古いのにしないとENB導入できないらしい・・。
えぇぇぇぇ、別にいいけど…。と、気軽にPatchを当て直しました。
ENBDevからOblivion用のパッケージをDLして入れてみる…。
このインターフェイスどうにかならないのかね・・・Skyrimの時も思ったけどインターフェイスを開いた時にマウスカーソルとENBのカーソルが一致してないんだよね…。
どこにあるのかも分からないし・・・・普段ならこの時点で見放すんだけど・・・ENBを試すために耐えました。
適当にオプション選定をしつつ値を調整・・・猫さんはこれぞENBというのをやりたいのではないので・・・超適当です。
自分の好みの色味にしたいだけなので・・。
で、別のENBのファイルも追加しつつ…。
enb2016_3_19_11_57_54.jpg
で、調整の結果こんな感じに・・・1920×1080で大体60FPSかな・・。
場合によっては50FPS前半まで下がるけどね。
サイトのファイル容量制限のためにjpegに変換してるけど…。

これは一卵性を想定?

某サイトで1個の卵子から受精卵が2個になるという話がありましたがそれはたぶんバグだと思う。
そのModの作者が一卵性双生児をイメージしてそのような処理を行っているのであればそれは明らかに間違いだ。
本来一卵性とは1個の受精卵(当然1個の卵子と1個の精子)が早期の段階で分裂して複数の卵子になることを指す。
1個の卵子に複数の精子が結合して複数の受精卵に分化することはない。
処理スクリプトを見ると受精が確定した際にその卵子の受精確認を継続していることが間違いだと思われる。
該当する卵子の受精が確認された段階で受精確認処理を中断して処理を切り上げるべきだ。

たぶん該当Modを知らない人がこの記事を見ても何の事だかわからないだろうと思うけどね・・。
続きを読む
  次のページ >>